肌の乾燥対策|今すぐできる3step

2019/02/08

札幌円山の美肌サロン salon nicoの中井美雅です。

今、サロンには、啓翁桜とスイートピーを飾っています。寒さの厳しい時期ですが、お客様に少しでも先取りの春を感じて頂けたら嬉しいです。

サロンニコお花

 

さて、今日はオーナーである私が、エステティシャンと気象予報士、両方の視点から美容を考えていきたいと思います。

 

今週の天気予報に驚きの数値が出ています。

札幌の予想最高気温はー10℃!!観測史上最強の寒波が流れ込み、40年ぶりの極寒が予想されています。みなさま、最大限の寒さ対策で乗り切りましょう!

 

その寒さ、お肌にも影響を与えるのはご存知ですか?

最近、フェイシャルのお手入れをさせて頂く中で、乾燥(目や口の周りが特に)している方が多くいらっしゃいます。

冬場は仕方がないとあきらめてはいませんか?

 

北海道は、寒さや風、乾燥など、肌にダメージを与える気象条件がそろいやすい地域です。

北海道の家の造りは、機密性が高く、部屋の中は暖かいので、冬は、外が氷点下10℃でも、室内は25℃、気温差が約35℃ということも珍しくありません。

それに風も加わると、体感温度は風速1メートル増すごとに1℃下がると言われていますから、その差は大きくなる一方です。

寒暖差で、頬が真っ赤になる方も多いですし、暖房で湿度が下がったり、温風によって肌の水分を奪われやすいので、いつも以上に「保湿」&「守る」ケアが必要になってきます。

 

肌の乾燥対策|改善の3ステップ

改善のステップとしては

①潤いを与えながら優しい洗顔

②肌の奥から水分補給

③肌にベールを作って守る

簡単にはこんな流れです。

 

今すぐできる肌の乾燥対策|具体例

1つずつ、ポイントを見ていきましょう。

①肌に優しい洗顔

すぐにできる洗顔のポイントは

お湯の温度・・・お湯の温度は水に近いくらいぬるめ!これは皮脂を取りすぎないためです。シャワーをそのままお顔にかけるのはもってのほか!温度が高すぎて、潤いが逃げてしまいますので、気をつけましょう。

洗顔料・・・潤いを奪わないものを選ぶこと。(サロンで使っているラヴィーサは美容液で洗う洗顔料なので、洗うたびに潤いを引き込む肌を作ってくれます)

タオル・・・これが意外と盲点なんです!肌ざわりの良いタオルで、やさしく吸水させましょう。無意識にしてしまいがちですが、決してゴシゴシしないことです。摩擦はお肌にとって大敵ですからね。

 

②肌の奥から水分補給

究極の保湿には、化粧水の前の下準備が大事です。

化粧水の前に水分をしっかり奥まで届ける「ブースターローション」を使ってみましょう。これが土台となって、次の化粧水、美容液の浸透、ひいてはお肌の仕上がりが変わってきます。

ラヴィーサ化粧水|サロンニコ
サロンのお手入れでは、化粧水のトリプル使いをしています。(写真左から)

 

 ①水分を奥まで届ける(ティープブースターローション)

 

 ②バリア機能を修復する荒れ肌・乾燥肌の救世主(モイストサージローション)

 

 ③肌の基礎力を底上げする(ディープサージローション)

 

それぞれのいいとこ取りで、輝きのある肌へ変わっていきます。

 

ラヴィーサの化粧水に関してはこちらもご参照ください。

 

 

③肌のベールを作って守る

乳液やクリーム、使っているのに、乾燥するという方もいらっしゃると思います。

この冬、サロンニコでは、ある美容液を使われた方から、改善のお声をたくさん頂いています。

 

それは「リンクルAI」

リンクルAI|サロンニコ

お肌の上にもう一枚、ヴェールのようにラメラ構造を作り、守りながら補修してくれる美容液です。

 

シワ・たるみの改善にも効果的ですが、乾燥しなくなったというお声が多く、一石二鳥どころか三鳥・四鳥の働きをしてくれるものです。

 

お手持ちのお化粧品で物足りない方、ワンランク上のお肌になりたい方にオススメです。

 

 

お手入れ次第で肌は変わります。
冬でも乾燥知らずのうるツヤ肌を手に入れましょう!

 

 

ご予約・お問合せはこちらでお待ちしております。

 

-blog, ラヴィーサ